GK塾質問コーナー

タイトルをクリックすると、内容の表示/非表示を切り替えできます。

  • 「継続」
    • 「継続」
      2008/05/21
      今回のテーマは「継続」です。そして新しくGKになった人へのメッセージです。

      私は、今年に入りフィールドプレーヤーからGKに転向する選手を数人コンサルティングしています。

      ある選手はレギュラーになりある選手はレギュラーを目指し日々頑張っています。

      そういった選手を見ていると技術向上の速さに驚かせられます。

      しかし、GKというポジションは甘くないし非常に孤独です。

      いつ、大量失点をして自信を失うかわかりません。

      ですから、GKを始めた選手にひと言!、「継続は力なり」です。

      GKを始めたばかりの選手も、プロのGKもとにかく基礎練習の連続です。

      私も、色々なGKコーチのトレーニングを受けたり観たりしてきましたが、基礎的なキャッチング、セービング、シュート練習です。

      それを、何年も、何十年もコーチが代わっても行います。

      GKだけのトレーニングではキャッチ・セービング・キックなどをトレーニングし、フィールドプレーヤーと複合の場合、連携(コミュニケーション)を行う。

      この作業の連続です。

      そして、GK練習では、シュートを打たれた時の対処法としてキャッチ・セービングを行い。

      シュートを打たれない為のトレーニングとして対人プレーで他のフィールドプレーヤーとコミュニケーションを取っていきます。

      100本のセービングが1本のファインセーブを呼びます。

      単調な作業の連続ですが頑張っていってもらいたいものです。

      モチベーションが落ちたりした場合は遠慮なくGK塾にご相談下さい。
  • 受験後のトレーニングについて
    • 受験後のトレーニングについて
      2008/02/12
      【Q】
      受験で体を動かしていなかったGKのものですがとりあえず高校合格が決定したので今までの分も踏まえて筋トレや走り込みをしています。

      そこで何かいいトレーニング方法をおしえてください。

      あといままではずっとGKでしたがFWもやってみたいと思っているのですがどうすればいいでしょうかおしえてください。

      【A】
      合格おめでとうございます。

      今行っているトレーニング方法をベースに徐々にセービングやシュート練習・ハイボールなど組み込んでいくといいと思います。

      いきなりシュート練習やハイボールばかりすると今まで休んでいたこともあり感覚がずれてしまいバランスをくずしてしまいます。

      足腰を強化しながらペースをあげていくといいと思います。

      私が今、重要視しているのが構えです。

      体の軸を安定させて左右・上下のバランスを強化することをおすすめします。

      バランスボード2個使って両足でボールを取ったりするといいトレーニングになります。

      あと、FWもやりたいということですが、GKをやっていたとなればトラップやヘディングが苦手ではないでしょうか???

      GKはハイボールタイミングを持っているのでヘディングのタイミングがあいにくいのでこういったヘディング・トラップを重点的にトレーニングしたほうがいいと思います。
  • 「GKの声」
    • 「GKの声」
      2008/01/17
      今回のテーマは、「GKの声」です。

      最近、よく質問をいただくGKとしての指示はどうすればいいんですか?という質問をいただくのでお話ししたいと思います。

      GKとしての指示というか声をよく耳にするのが「キーパー!!!」「クリア!!!」「寄せろ!!!」「右・左切れ!!!」をよく聞くのではないでしょうか?

      もっとも私もよく聞く言葉ですし、自分でも使います。

      これは、私の持論ですが指示の単語です。  

      GKとしてのスキルを上げていくのにはどうすればよいか?それは、単語+コミュニケーションです。

      このコミュニケーションは何を指すかというと、ゲーム中または練習中DFとの間でのコミュニケーションを言います。

      ゲームの中でDFに、「相手との距離をもっと寄せろ」「バックラインが下がってるから意識しよう」「逆サイドもっと絞れ」など具体的な内容をDFの名前を出して個人的に話をします。

      こういったコミュニケーションを行うことでゲーム中にDFとの連携も修正することができます。※GKは大きな声でハッキリ相手に伝える。

      ゲーム中チームのバランスが悪くなり監督・コーチがベンチから指示を出すと思います。そういう声も大事ですが、GKからのゲーム中のコミュニケーションもディフェンスを安定させていくうえでは

      重要です。

      そういったことに意識をして練習やゲームでGKとしてのコミュニケーションスキルをあげていただきたいと思います。
  • セカンドボール
    • セカンドボール
      2007/12/25
      最近は、JリーグやTOYOTAクラブワールドカップ、天皇杯など試合が目白押しですね。

      ワールドクラスの試合やJリーグの入れ替え戦ホントにGKって大変なポジションだとつくづく感じます。

      ということで、本題に入りますが、最近の中学生・高校生のGKをみて感じることですが、シュートを止めた後の動きの遅さが気になります。

      シュートを止めた後、多くの選手がそのままで次のこぼれたボールへの対応が遅れています。

      ある選手が、反応の速さに自信があるといっていました。確かに練習ではいい反応でシュートをストップしていました。練習では・・・

      しかし、試合になるとなぜか失点が多いのです。私は、その選手のセカンドボールに対するアクションが遅いことに気付きました。

      この選手には、このセカンドボールへの対応についてのアドバイスを行いとにかく行いました。

      練習メニューの中にも座った状態から起きて反応だったり仰向けやうつ伏せ状態から素早く起きてシュートに反応するといった簡単な練習ですが

      練習の中で意識をしっかりと持たせることでセカンドボールに対する重要性を気付かせることができ、以前に比べ失点が減りました。

      こういった実際にあった事例もあります。

      皆さん、セカンドボールへの対応の速さが失点を減らすことにつながります。

      「倒れたら起きる!」このことを意識して頑張って下さい。
  • リハビリについて(質問に答えて)
    • リハビリについて(質問に答えて)
      2007/10/15
      【Q】
      以前、負傷後のブランクでの悩みについてアドバイスを頂きました。本当にありがとうございました。

      そのアドバイスのおかげでまず怪我の完治を・・・と思って病院に行ったところ、「舟状骨骨折」という怪我となっていたようで、大掛かりな手術と2週間の入院、全治3ヶ月ということでした。

      最近、やっと退院して、日常生活に戻りましたが、復帰までの期間、どのような練習で身体をもどせばよいでしょう?

      ちなみに腕の付け根までギプスをしています。

      【A】
      私は、トレーナーではないのでリハビリについては的確なアドバイスはできませんが、私なりに回答したいと思います。

      基本は、ドクターやトレーナーの指示に従ってリハビリをして下さい。

      ギブスをとるとビックリするくらい腕が細くなっていると思います。

      そして、ボールフィーリング(ボールを両手でキャッチして歩いたりジョギング等)ボールを常に触って下さい。

      以前、私がGK塾で紹介しましたasicsの「スピージョン」という眼のトレーニングをするソフトがありますがそういう眼のトレーニングもいいと思います。

      後は、メンタル面の強化が重要になります。

      おそらく、今後リハビリをしていく中で、みんなと同じ練習ができないことにストレスを感じてくると思います。

      リハビリスケジュールをしっかりとドクター・トレーナーと話をして経てて、そのスケジュールを信じて今できることを頑張って下さい。

      リハビリを信じて頑張らないと復帰しても恐怖心から中々抜け出せません。

      今出来る事を一生懸命やって恐怖心や不安と上手く付き合って言ってください。
  • 視力について(質問に答えて)
    • 視力について(質問に答えて)
      2007/10/11
      【Q】
      長崎でGKをしているものです。最近目が悪くなって、遠距離からのシュートなどにこまっています。

      ポジションがポジションナだけに、メガネやコンタクトをつけることができないのですが、なにか、いい方法はありませんか?


      【A】
      スポーツ選手にとって視力が落ちるということは、パフォーマンスの低下・ストレスと選手にとってはマイナスなことです。

      私も、あなたと同様に視力が落ちてしまいボールが見えにくくなったり、見方の背番号も見えにくくなったりと苦しみました。

      でも私の場合、コンタクトを付けてそのストレスを解消しました。

      プロの選手でもメガネはかけてプレーをする選手こそいませんが、コンタクトを付けてプレーする選手はたくさんいます。

      私の場合、ソフトレンズを使用しています。

      コンタクトを付けて下さいということではありませんが、コンタクトをすることも対処法としてあるということを参考にしてもらえればと思います。
  • レギュラーについて(質問に答えて)
    • レギュラーについて(質問に答えて)
      2007/10/04
      【Q】
      僕は今までレギュラーだったのですが後輩に奪われてしまいました…
      練習を真面目にやっていたのですがなにが足りなかったのでしょうか?
      僕は背が高いのですが体重がものすごく少なくて筋力不足ですが一年生は体つきは良いです。

      【A】
      あなたは、今レギュラーを奪われたことで頭がいっぱいで自分を見失っているんですかね?
      身体的な部分はさておき、まずは自己分析を行ってみましょう。

      ≪自己分析≫
      ・キャッチングはできているか?

      ・キックは蹴れているか?

      ・コーチングやコミュニケーションはできているか?

      ・GKとしての声はでているか?

      ・サイドのコースへの反応はできているか?

      ・怪我が多く練習を休んでしまう?

      ・監督、コーチから指摘にふてくされたりしてしまう?
                                  など・・・・

      あなたの中でこれらの内容につて振り返ってみて心当たりはありますか?

      後輩と比べるのはその後です。

      GKを代えるというのは、指導者側としては何らかの理由があるはずです。

      その理由が何かを自分でさがしていくことも重要です。

      ここで、私からアドバイスがあります。

      ・レギュラーから外されたからといって指導者のせいにしないでださい。

      ・後輩にたいしても感情をださないようにして下さい。

      今この状況をあなた自身がどう受け止めどう対処していくかが重要です。

      誰かのせいにしてしまうと自分を見失ってしまって今までのあなたの頑張りが無駄になってしまいます。

      せっかく頑張ってきたのに、何でも誰かのせいにしてしまって自分は悪くないと思ってしまい悪循環になってしまい、あなたにとってマイナスに働いてしまいます。

      自己分析を行い自分にとっての弱い部分を見つけ少しずつでも強化していけばいいと思います。

      今出来る事は何かを見つけ、そこから頑張ってみましょう!!!
  • 「小さくとも」自分を信じて
    • 「小さくとも」自分を信じて
      2007/09/26
      今回のテーマは「小さくとも」

      最近、身長の低いGKから質問を受けました。

      自分は、GKとして身長が低すぎるからGKをやめた方がいいんですかね?と涙目で言われました。

      その選手が一番GKをしていて辛いのがループシュート・CKだそうです。

      まず、その選手に「GKを好きか聞きました」すると「好き!」という言葉がかえってきました。

      では、今その選手が何をすべきか考えると、目の力とキャッチングを徹底的にトレーニングしていくことにしました。

      そして、今後はフットサルのゴレイロ(GK)も出来るように指導しようと考えました。

      私は、サッカーのGKもフットサルのゴレイロも経験していますので、双方のエッセンスを調合しながら指導して行こうと思っています。

      その選手にフットサルのゴレイロの話をすると、さっきまで力のなかった眼に輝きを感じました。

      フットサルも先週から「Fリーグ」が開幕しました。

      これからは、フットサルのFリーガーを目指す選手も多くなってくると思います。

      このことで、GKというポジションにも選択肢が増えたようにも感じます。

      「小さくとも」自分を信じて
  • 受験期トレーニング(質問に答えて)
    • 受験期トレーニング(質問に答えて)
      2007/09/25
      【Q】
      僕は高校受験のために塾や勉強で忙しくあまり部活に行けません…

      その結果僕のGKの技術が落ちているようなきがします。

      週に最低何回ぐらい部活に参加するべきですか?


      【A】
      しっかりとしたスケジュールをたてることからスタートしましょう。

      あなたは学生です。今は勉強が最優先です。

      しかし、勉強ばかりしていてサッカーのことが気になり練習に参加していない現状に不安感を抱いているんですかね。

      おそらく今の生活の中で部活に行ける日は1日くらいではないでしょうか?

      週に1回でいいと思いますよ合同練習は。

      あとは、あなた自身が時間を作り公園などでランニングしたりすればいいと思いますよ。

      とにかく、サッカーを思いっきりやれる日(部活)を決めてその日を楽しみに頑張りましょう。

      スケジュールをたてることを忘れないで下さい。

      いい選手はトレーニングスケジュールをきちんとたてます。

      スケジュールをたて、それを信じてしっかりとこなすことであなたの技術は落ちることはありません。

      毎日、トレーニングウエアを着ることもストレス解消にはいいかもしれないですね。。。

      あなたに意識していただきたいのは、セービングやハイボールよりも、キャッチングです。
      合同練習でも自主トレでもGKのトレーニングをする際は、ここに注意をしながらトレーニングしてみて下さい。

      頑張って下さい。
  • 一対一の飛び出しについて(質問に答えて)
    • 一対一の飛び出しについて(質問に答えて)
      2007/09/18
      【Q】
      僕は、とある県のGKです。いつもGK塾を見てとても勉強になっています。

      今日は一対一についての質問なんですが、僕は、一対一になると、勢い良く飛び出すのはいいのですが、しっかりと止まれずに、簡単にFWにかわされて、無人のゴールに入れられてしまいます。

      練習では止まる事を意識してやっていますが、しっかりと止まろうとすると、次はスピードが落ちて、よせが遅くなります。僕の考えではもっと足の筋肉をつけるしかないのかと考えています。

      何かいいトレーニングなどがあったら教えてください。

      【A】
      この文章からいくと、筋力というよりも相手との距離だったり間合いに問題があるように思えます。

      まず、相手と1対1になったらGKは相手との距離を縮めなくてはなりません。

      そのため、相手がボールを離したらGKは距離を縮めます。あなたはこのときに勢いよく寄せすぎて出際を簡単に交わされているのではないでしょうか?

      勢いよく寄せてしまうと止まらなければならない局面で上手く止まれません。

      この問題を解消するには、寄せるタイミングだけではなく、最初のポジションも重要になってきます。

      GKは攻められていない時間にいかにいい準備をするかがGKの本当の進化を問われるところです。

      ボールが来ないからといってゴール前付近にいたりするGKをよく目にします。

      ボール来ない時に「ディフェンスの裏に出たらこの辺なら出てやろう!」やこのポジションならショートにもスルーパスにも対応できるというポジションを取ることが重要です。

      まとめますが、ボールが来ないときの準備の重要性もお話ししましたが、今回は相手の距離を縮める時の狙いをクローズアップしてみましょう。

      @相手がボール離した時に寄せることがポイントです。

      A相手がボールを離さなければGKはその場で止まらなければなりません。

      B中途半端に寄せたりするとドリブルで簡単に交わされたり、寄せているところをシュートされてしまいます。

      このことを意識しながら、まずは、相手がボールを離した時に寄せるトレーニングをしてみて下さい。
  • 負傷から立ち直る(質問に答えて)
    • 負傷から立ち直る(質問に答えて)
      2007/08/29
      【Q】
      以前、ハイボールに関しての質問を丁寧に応えていただきありがとうございました。
      ほんの1ヶ月前、左手首を負傷してしまいました。まだ完治はしていませんが、GKは出来るぐらいにはなりました。
      しかし、怪我をしてから、正面以外のボールをすぐに見逃してしまうようになり、ステップもついていきません。
      それに、横へ飛ぶときもなんだか身体が縮こまっている気がします。
      どう改善すべきか、アドバイスをいただけませんか?


      【A】
      もしかして、まだ痛みがあるのに練習をしていませんか?

      手をかばっているので全体的にバランスが悪くなりすべてのプレーに支障が出てきているようですね。

      今回のご質問は手首の負傷によるストレスです。

      まずは、手首を完全に治すことに専念して下さい。

      休むことも勇気です。

      GKが出来るということであれば、別メニューで基礎の確認をゆっくり行って下さい。

      ・対面でのキャッチ
      ・対面でのハイボール
      ・置いたボールへのセービング
  • 信頼回復について(メンタルの持ち方)
    • 信頼回復について(メンタルの持ち方)
      2007/08/20
      【Q】
      初めまして僕は東海地方のとある学校のGKをやらしてもらってます。
      僕は二年になってトレセンに合格する事ができました。 でも、チーム内に友達がいなくてなかなかチームに溶け込めません。
      しかも、緊張しすぎてミスばかりしてしまいます。 それでみんなからも下手だという印象をあたえてしまいました。
      どうしたらいいですか?


      【A】
      もっと力を抜いてみては・・・

      あなたは、トレセンに合格された選手です。

      トレセンの選考基準はGKとしての技術はもちろんのこと、コミュニケーション能力も見ていると思います。

      ですから、選ばれているあなたは、それらの能力を持った選手です。

      選手間でのコミュニケーションの一つは、コミュニケーションを取りたい選手のプレーを褒めたりするといいきっかけになると思います。

      具体的に言うと、相手に対し「あの時、早い動き出しをしてくれたからパス出しやすかったよ」とか「あのシュート、上手くコースを切ってくれたから止めれたよ」とか・・・

      相手のプレーを褒めながら相手との距離を縮めるとコミュニケーションを取りやすくなると思います。

      「緊張しすぎてミスばっかりしてしまう」ということですが、実際に大きなミスをして失点したんでしょうか?

      こういう場合の信頼を取り戻す為には、まず「声」からです。

      とにかく、GKとしての存在感を出すことがコミュニケーションへの第一歩にもなります。

      あなたの、トレセンでのトレーニングやゲームに対する取り組む姿勢も信頼回復の為には重要です。

      絶対にやっては行けない事は、投げやりになることです。

      これだけは、絶対に注意して下さい。

      GKは失点しても他のプレーヤーよりも切替を早く行い次のプレーに備えなければなりません。

      今、トレセンでプレーできる喜びを感じながら、あなたの「本気」をみせて下さい。

      このトレセンはあなたの夢の始まりですよ。。。まだまだこれから!です。

      頑張って下さい。。。
  • 南米式のパントキック
    • 南米式のパントキック
      2007/08/11
      【Q】
      はじめまして☆高1の夏からGKをはじめてもう高3になります。
      僕は南米式のパントキックが蹴りたいのですがどうしても上手く蹴れません(><)いっつもゴロになったりアウトにかかったりしてしまいます。
      蹴り方とかコツとかあれば詳しく教えてください!!


      【A】
      キックは練習あるのみ!!!と一応言わせてください。
      しかし、お困りのようですね。

      横から蹴る場合、体重を後ろに残しながら蹴るのがポイントです。前に体重がかかったりしているとゴロや低くドライブしたボールがいきます。
      そして蹴り足はまっすぐ伸ばさないで膝を曲げて蹴るのがポイントです。

      トスするボールが高かったりするとバランスを崩したりしますので、トスはイメージとしてボールを置くような感じがいいと思います。


      これは、あくまでも私の持論ですので、本に書いてある蹴り方があればそれでもいいと思います。

      とにかく根気よく練習しましょう。。。
  • 山形県の高1のGKの悩み
    • 山形県の高1のGKの悩み
      2007/07/30
      【Q】
      僕は山形県の高1のGKです。
      最近シュート練習やゲームをやっていて、よく足元よりも少しずれたゴロの速いシュートを入れられてしまいます。
      速いシュートでなかなか、ステップではまにあわないので、足をはらって倒れる練習をしています。
      ですが、なかなかうまく足をはらって倒れる事が出来ません。
      何か意識する事などは無いでしょうか?
      回答よろしくお願いします。


      【A】
      足を払うことも意識する必要がありますが、構えの重心を低くしてはどうでしょうか?

      足を払う場合、大抵の場合構えが腰高になっていることが想定されます。

      シュート練習なども意識して重心を落としてみてください。

      自分の目が地面により近い位置にあれば足を意識しなくても、体は動lくと思います。(過剰解釈しないでくださいね。地面というのは例えです)

      自分の目線と飛んでくるゴロのボールの距離が遠いと一瞬ボールを見失いがちになります。そこを注意してみてはどうでしょう???

      トレーニング法をご紹介しますと
       
      GKがしゃがんだ状態でパートナーに足元付近にシュートを打ってもらいます。GKはそのしゃがんだ状態から倒れる。

      このトレーニングが速くできるようになれば効果がでると思います。

      試して下さい。
  • クロスへのポジショニングについて
    • クロスへのポジショニングについて
      2007/07/28
      【Q】
      クロスへのポジショニングについて質問です。

      相手がサイド深くまで進入しクロスが上がると予想した場合には、どこにポジショニングすればよいのでしょう。

      ・ゴール中央

      ・ゴールを正確に3等分した二点のファー側

      ・ニアポスト前

      ・ニアポスト前ペナルティースポットと同じ高さ

      などといろいろ意見があってよく分かりません。

      どのように考えればよいのでしょう。


      【A】
      基本的には「ゴール中央」が基本のポジションだと思います。

      しかし、色々なケースによってかわってきます。

      まず、GKとしてクロスを対処する場合、絶対におさえておかなければいけないこと、それはボールがゴールに向かってきても対処できるポジションにいるかどうかです。

      それを前提にお話ししていきたいと思います。

      ご質問のとおり、深い位置からのクロスに対しては、ボールが飛んでくる距離が離れていればポジションは真ん中ややニアよりでも対処できると思います。

      また、クロスが入ってくる距離が近ければ当然ニアを開けてしまうわけにはいかないので、ニアポストよりになります。

      さらに言えば、相手が中で待っている場合は相手との距離のバランスが必要になりますので真ん中にいなければならないということもあります。

      このことから真ん中よりフォアよりに守ることはないということはこのことからもわかると思います。(自論です)

      文字で言うのは難しいですね。。。

      まずは、こういったクロスの対処法のポイントとしては自分の前でシュートされないポジションで守ることが重要になります。

      クロスが入ってくると予測がつく時は、瞬時に中にいる相手のポジションがわかればニアよりに修正したり・真ん中に修正したり出来ると思います。

      あとは、クロスが入るときは、ゴールのライン上付近ではなく少し前でポジションをとると前でカットしやすくなりますのでこの辺も知っておいて下さい。

      ポジションは、個人の身体能力によっても変わってきます。ですから、一概にニア!フォア!という回答ができませんが・・・

      トレーニングで実際にやりながら自分のポジショニングを確立してみて下さい。

      とにかく、まずはシュートやパスミスがきても対処できるポジションというのが前提です。覚えてください。
  • 中2GKの心配
    • 中2GKの心配
      2007/07/27
      【Q】
      僕のチームには一年のGKが一人いてその人が僕と同じぐらい上手くてぬかされそうで心配です。

      ぼくは塾や他の習い事があって自主練をあまりしないのですが一年のGKは自主練を毎日のようにしているみたいです。 練習はいつも真面目にやっているのですが一年生のGKもとても真面目やっています。

      このままでは追い越されてしまうのかと思うと心配です。 どうすればいいですか?


      【A】
      ご質問ありがとうございます。

      不安が先行して自分を失いそうですね。

      まず、あなたの生活環境は仕方のないことです。

      プロ選手ではないので、サッカーだけやればいいというわけではないので、いろんなことがあると思います。

      しかし、練習ができないから抜かれると思うのはどうでしょう?

      そこが、あなたの逃げ道になっているような気がします。

      実は、私もあなたと同じ悩みを小学生の時に抱いたことがあります。

      私も、塾、水泳、サッカーと忙しくしていた頃があってその時に、あなたと同じように練習ができず、後輩にポジションを奪われた経験があります。

      しかし、その時に私は忙しくしていた生活環境のせいでポジションを奪われてしまったと自分でも思ったり、また周りにもそう言い訳をしていました。

      なんと、情けない事を言っていたんだろうといまでも自分の弱さに腹が立ちます。

      その経験からも、あなたにお話ししたいと思います。

      現実の生活環境をしっかり受け止めて下さい。

      あなたは、サッカーをしながら塾へ通いそして習い事もしています。

      でも、自分の中でサッカーが自分の中心でその中に勉強があり、習い事があると考えるのです。

      塾へ行ってもこれは、単に勉強をしているという考えではなく、サッカーをしていて、監督・コーチが言っている指示をすぐに理解し行動に移す為の

      トレーニングと考えて勉強をしてみて下さい。これは本当ですよ。

      授業で、先生が言っていることをすぐに理解できる選手が優れたプレーヤーなんですよ。戦術理解が早いということですから。

      また、習い事は何をしているかはわかりませんが、きっとGKにとって無縁なことなどないと思います。

      そういった気持ちを持つことからはじめませんか???

      後輩から、ポジションを奪われたくない気持ちも十分にわかります。先輩のプライドもありますよね。。。

      しかし、今のメンタル面ではGKとしてのスキルもあがらないように感じます。

      サッカーの為の勉強、そして習い事。そこからも吸収できるものを自分なりに見つけてください。

      サッカーをする時は今の自分において自分で解決できることは何かを見つけてみましょう。

      キック・キャッチ・ハイボール・セービング???

      それらを時間のある時にでも、意識して練習してみてください。練習時間内でもアップの一環としてとりいれてもいいと思います。

      答えはあなたの心にあると思います。

      出来ることを一生懸命頑張ってみてください。

      不安なことがあればいつでも「GK塾」へご相談下さい。
  • キックの上達法、指示等(質問に答えて)
    • キックの上達法、指示等(質問に答えて)
      2007/07/24
      【Q】
      僕は1年生のGKなのですが、DFからのバックパスを落ち着いて処理する事ができません。
      僕のせいで点が入ることもあります。
      どうしたら、先輩のように落ち着いてプレイができますか?
      僕には、あと一つ課題があります。
      僕はゴールキックがなかなか飛びません。
      そこで、キックの練習をしています。
      キックが上達するまでは、DFラインにパスをしたいのですが、なかなかサイドが開いてくれません。
      サイドの人に、指示をだすのですがなかなか思い通りの動きをしてくれません。
      ぼくは、十分に声をだしているつもりです。
      キックの上達法と、指示の出し方教えてください。


      【A】
      バックパスの処理が上手く出来ないということですが、トラップが足元に入りすぎたりしてもたついてしまってるんでしょうか?
      これは私も苦しみました。
      まずは、自分が上手くいかない状況(ミスをしてしまった局面)をイメージして練習してはどうでしょうか?
      4人くらいで一人がバックパスを出す人、もう一人が、FWでバックパスをつめる人、
      そしてGK、遠く離れた味方FW
      自主練習なんかでやってみて下さい。
      または、監督・コーチにお願いしてこういったバックパスの練習をしてもらえないか?と相談してみて下さい。

      ロングキックが飛ばないということですが、過去のGK塾にもこういった質問はありますのみて下さい。
      飛ばない理由が明確ではないので私なりにイメージをしてお答えしますが、まずはゴールに向かってシュート練習をしてみて下さい。
      この練習の狙いは、ミートです。
      しっかりボールをミートすることからはじめて下さい。
      そして、ミートが出来るようになれば、少しずつ距離を離していって、20m・30m・40mと自分で目標をきめて蹴ってみるといいと思います。
      このトレーニングは1日2日で上達するようなものではありません。
      1ヶ月?3ヶ月?半年?1年?ぐらいかかるかもしれません。
      「遠くに蹴りたい」という強い気持ちを失わないで頑張って下さい。
      GKにとってロングキックは絶対に蹴れないといけません。
      ましてや、サッカーというスポーツはボールを蹴るスポーツですから絶対に必要な技術です。
      何百回何千回何万回と練習が必要です。

      サイドの選手に対する指示ですが、あなたが指示をだしているのは、試合中の時のことですか?
      ゲームが終わった後でも作戦ボードや地面に自分がボールをもったら、こう動いて欲しいとコミュニケーションを取ってみてください。
      もしくは、試合中でも自分がボールとったら○○開け!○○出ろ!とか大きな声でひたすら指示を出してみて下さい。



      今回の質問でのポイントは

      ・ミスをした状況を作り、そこでトレーニングをする。
      ・ロングキックはシュート練習から
      ・分かり合えるまで話をする!


      それでは、頑張って下さい。
  • あと一週間で中体連・・・
    • あと一週間で中体連・・・
      2007/07/15
      【Q】
      あと一週間で中体連なのですがミスしそうでとても心配です。
      この一週間何をすれば良いでしょうか?

      僕は、フットワークを小刻みにしてしまうのがどうしてもなおりません。


      【A】
      質問の文章からも焦っているようですね。
      あなたが今までやってきたことをグラウンドで表現するしかないのですが・・・

      最近の練習試合等でミスをしてしまったとか不安なことがあるんですかね?

      今、あなたがやれることを一生懸命やってみましょう!!!

      心配な点が何かを明確にしてみましょう。

      @セービング
      Aキャッチング
      Bハイボール
      Cキック
      Dエリア外での対応

      こういったところでしょうか???

      次に、苦手部分を一週間繰り返し練習する。
      自分が納得がいくまで・・・

      ここでは、やれることはやったと思うくらい頑張ればメンタル的には落ち着くと思います。

      そして、DFとの連携の確認!!!
      とにかく、自分がエリア外に出たらゴールカバーしてくれ!とか実際のゲームでのちょっとしたことでもコミュニケーションをとる。

      もちろん、コーナーキックの配置とか壁の選手と枚数の確認なども行う。

      あと、監督コーチともコーナーキック、フリーキックの話もするとよいでしょう。


      最後に、フットワークの件ですが、フットワークするという感覚からボールを体の正面でとることだけ考えればいいですよ。

      「GKはみんなミスをしたらどうしよう」という不安と闘っています。

      でも、この不安から逃げないで下さい。

      こういう不安に怯えながらGKはゴールを守ります。

      ここまでやってダメなら仕方ないと思える準備を残り一週間でやってみて下さい。

      GKにしかわからない緊張感、意外といいもんですよ。。。
  • 反射神経の鍛え方
    • 反射神経の鍛え方
      2007/07/03
      【Q】
      反射神経ってどう鍛えればいいんですか?
      部活の時に出来る練習法と家でもできるやり方を教えて下さい 。
      よろしくお願いします。


      【A】
      反射神経のトレーニングというよりも、「眼」を鍛えてはどうでしょう??
      私は、GKはシュートが飛んできたら、まず「眼」でボールをみます。
      そして、体が動きます。

      一番最初の「眼」に注目してはどうでしょうか?

      反射神経を鍛えることもいいですが、この辺は、至近距離からシュートを打ってもらうなどして練習の中で鍛えていけば良いと思います。

      至近距離のシュート場合を「眼」が一瞬きれてしまったりするので、そういったことに注意することがポイントですが。。。

      反射神経がいいとされる選手は、「眼」が切れにくいことがあげられます。

      ですから、この「眼」を鍛えてみて下さい。きっと結果がついてくると思います。

      家でもできるものとしてですが、以前GK塾でもご紹介したasicsから出ているパソコンソフト「スピージョン」

      最近ではニンテンドー64のソフトで「眼力」は非常にGKとしてのスキルアップにいいのではないでしょうか?

      この辺は、お金がかかってしまうことばかりで申し訳ないのですが・・・
  • コーナーキックを直接に・・・
    • コーナーキックを直接に・・・
      2007/06/29
      【Q】
      この前コーナーキックを直接入れられてしまいました。
      自分では注意してたつもりだったんですがカーブに対応できませんでした。
      ポディションが悪いのでしょうか?
      僕はキッカーから遠いほうのポストによややより気味にゴールライン上で構えてます。
      両ポストに人は立たせています。

      【A】
      「コーナーキックを直接入れられてしまった。」ということですが、高いボールでフォアポストに入ったんですかね?

      私の考えでは、直接入ってしまうということはGKのミスと考えます。

      それがいかなる理由でも。

      目測を誤ってしまったのか?

      GKにFWがぴったりマークされていて動けなかったのか?

      フォア寄りに構えていたということですが、相手がキックをした瞬間に前に動いてしまって結果的にかぶってしまったとか?

      フォアポストのDFと連携が上手くいかなかったとか?・・・

      などなど、色々なケースは考えられますが・・・

      直接入ってくるボールに対してはGKのポジションはライン上に立つのが基本です。
      そして、ファーストポジションとしてはゴールの真ん中ですね。

      ニアとフォアをどちらでも対応できるポジションが重要です。

      詳細がわかりませんが、もう少し自分なりに状況を分析しなぜ入れられたかを自分なりにまとめてみて下さい。

      そうすれば、もう少し具体的なアドバイスができます。

      コーナーキックは非常に神経を使います。

      そしてコーナーキックはGKにとって見せ場でもあります。

      頑張って下さい。
<< 新しい投稿へ 最新の投稿へ 古い投稿へ >>